[ オピニオン ]

産業春秋/バレンタインデーとGWと晴れ着の共通点

(2018/2/7 05:00)

少しばかり食傷気味ではあるが、14日のバレンタインデーが近づいてきた。女性社員が上司や同僚に義理チョコを期待されて悩むシーンは、もはや古めかしい。それでもチョコの売り場はにぎやかなのだから、菓子業界の販売戦略はいまも有効だ。

海外旅行の予約が始まった“ゴールデンウイーク”も、最初は映画産業がつくった宣伝文句だという。昔からの慣習のように定着しているが、実は売り上げ増を狙った消費者産業の知恵である。

成人の日に晴れ着レンタル業者が雲隠れした事件が、まだ尾を引いている。金銭詐取は許せない。しかし「一生に一度の晴れ着なのに」と嘆く新成人に対し、年配の方の中には「いささか大げさ」と感じる人もいる。

成人式と着物の関係は意外に歴史が浅い。そもそも成人式は戦後に始まった行事。当時の和服業界が晴れ着を商業的に訴求した。戦時中にぜいたく品として振り袖が排斥され、戦後も苦境が続いた業界が再生の機会にしたという説もある。

バブル崩壊以降、個人消費は伸び悩みが続く。バレンタインに次いで2月の不需要期を狙った「恵方巻き」も最近では大量廃棄が問題視されている。消費喚起に向けた民間の知恵は、時流といたちごっこである。

(2018/2/7 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる