[ 科学技術・大学 ]

早大など、加熱・冷却で尺取り虫のように動く「ロボ結晶」開発(動画あり)

(2018/2/9 05:00)

(早稲田大学提供)
  • キラルアゾベンゼン結晶の尺取り虫運動(早大提供)

早稲田大学の小島秀子客員教授と朝日透教授、東京工業大学の植草秀裕准教授らは、加熱と冷却を繰り返すと尺取り虫のように動く「ロボット結晶」を開発した。キラルアゾベンゼンの結晶をホットプレート上で加熱すると、145度Cで結晶が相転移して体積が縮む。細い板状の結晶の場合、下側の加熱面が縮んで「へ」の字に持ち上がり、冷やすと「一」の字に伸び元に戻る。

移動速度は1時間で3ミリメートル。「へ」の字になった際にバランスを崩して横に転がると秒速15ミリメートルで動ける。研究チームはそれぞれロボット結晶の「歩行」と「走行」と表現する。今後、より低い温度で変形する材料を開発していく。

(2018/2/9 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン