[ 科学技術・大学 ]

早大など、加熱・冷却で尺取り虫のように動く「ロボ結晶」開発(動画あり)

(2018/2/9 05:00)

(早稲田大学提供)
  • キラルアゾベンゼン結晶の尺取り虫運動(早大提供)

早稲田大学の小島秀子客員教授と朝日透教授、東京工業大学の植草秀裕准教授らは、加熱と冷却を繰り返すと尺取り虫のように動く「ロボット結晶」を開発した。キラルアゾベンゼンの結晶をホットプレート上で加熱すると、145度Cで結晶が相転移して体積が縮む。細い板状の結晶の場合、下側の加熱面が縮んで「へ」の字に持ち上がり、冷やすと「一」の字に伸び元に戻る。

移動速度は1時間で3ミリメートル。「へ」の字になった際にバランスを崩して横に転がると秒速15ミリメートルで動ける。研究チームはそれぞれロボット結晶の「歩行」と「走行」と表現する。今後、より低い温度で変形する材料を開発していく。

(2018/2/9 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン