[ 医療・健康・食品 ]

がん臭気をAI判定 東海電子と静岡がんセンター、患者ケア用装置を開発

(2018/2/13 05:00)

  • 「Aino―Pro」

【静岡】東海電子(静岡県富士市、杉本一成社長、0545・67・8988)は、静岡がんセンターと共同で、がん病巣から発する強いにおい成分を人工知能(AI)で臭気判定するポータブルニオイ認識・識別器「Aino―Pro」を開発、プロトタイプを完成した。装置内部のAIで数十種類のにおいが識別ができ、人間の嗅細胞と同様ににおい成分を学習することで可能とした。価格は490万円(消費税抜き)。3月に受注を開始し、年内に15台の販売を目指す。

100種類近くのVOC(揮発性有機化合物)ガスを分離・識別できる高感度で可搬式のガス分離装置(簡易ガスクロマトグラフ)を開発し、AIを搭載した。においを検出するセンサーはPIDセンサーと半導体ガスセンサーを用い、非濃縮ガスで5ppb(ppbは10億分の1)から200ppm(ppmは100万分の1)まで検知できる。検出判定は30分程度。

東海電子は今後無償モニター機を準備し、共同開発する研究所や企業の募集を計画。さらなる高感度センサーと高速判定の開発を進める。20年に食品など産業向けで製品化を目指す。静岡がんセンターでは成分の分析などを進め、適切な患者ケアにつなげる考え。

(2018/2/13 05:00)

医療・健康・食品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン