[ 地域経済 ]

山形発の長期熟成生ハム 慶大など産学官が開発、伊パルマ製法で18カ月

(2018/2/14 05:00)

  • 地元素材を用いたノービレ

【山形】山形県内の産学官が連携し、長期熟成骨付き生ハムを開発した。約5年間の共同研究で熟成期間の最適化を探るなど開発を進め、東北ハム(山形県鶴岡市、帯谷伸一社長、0235・22・1856)が商品化。自社ホームページを通じた限定販売に乗り出した。「原木」と呼ぶ骨付き生ハム(約8キログラム)で、当初は年間50本の生産を見込んでいる。

長期熟成骨付き生ハムの商品化は、山形県の研究開発補助事業「バイオクラスター形成事業」による成果。東北ハム、慶応義塾大学先端生命科学研究所、山形県工業技術センター庄内試験場が共同研究に参画した。事業全体のコーディネートは、庄内地域産業振興センター(鶴岡市)が担った。

商品名は「庄内プロシュート『ノービレ』」。プロシュートと呼ばれる骨付きもも生ハムの産地として知られるイタリア・パルマの製法に準じた工程を採用し、山形県産豚など地元を中心とした素材を用いた。共同研究による官能試験や味分析による熟成期間の検討を重ね、熟成期間は「18カ月が最適と導いた」(帯谷社長)という。

ノービレはスライスした商品(内容量80グラム)も用意した。消費税込みの価格は1296円。

(2018/2/14 05:00)

地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン