[ 自動車・輸送機 ]

トヨタ、米の販売ラインアップ見直し SUV・ピックアップ拡充

(2018/2/14 05:00)

  • 米消費者需要はピックアップトラックやSUVに流れている(ブルームバーグ)

オフロード性能を高めたトヨタ自動車のスポーツ多目的車(SUV)を買い求める米消費者が増える一方、消費者はそれほどたくさんの選択肢を必要としてはいないようだ。こうした中、トヨタは車種のラインアップを見直している。

トヨタは今年のシカゴ自動車ショーでTRDプロのSUV「4ランナー」とピックアップトラック「タコマ」「ツンドラ」の最新バージョンを公開した。いずれもオフロード仕様でパワーアップしている。これら3車種の米国販売の40%余りをTRDバージョンが占めており、その数は増加傾向にある。

一方、「トヨタ」ブランドの米国販売責任者、ジャック・ホリス氏によると、経営陣はセダンの品ぞろえを見直しており、ショールームに置く台数を減らす可能性がある。「カムリ」「カローラ」「プリウス」のようなモデルの維持に努める一方、一部車種についてはグレードを減らすこともありそうだ。

ホリス氏はインタビューで、ヤリスやカローラ、プリウスなどには幾つか派生車種があると述べた上で、「全てが必要かどうか。それぞれのパフォーマンスを評価したい」と述べた。ここ数年で乗用車からSUVやピックアップトラックへと米消費者需要が大きく変化する中、自動車メーカー各社は対応を急いでいる。

(ブルームバーグ)

(2018/2/14 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン