[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】中国、“EVのデトロイト”に現実味 テスラ超える世界最大手の無名電池メーカー誕生へ

(2018/2/13 19:00)

CATL本社と巨大なEV向け電池製造工場(中国・寧徳市、ブルームバーグ)CATL本社と巨大なEV向け電池製造工場(中国・寧徳市、ブルームバーグ)

年内にIPO、新工場は世界2番目の規模

 自動車業界の次世代を担う世界的企業が、茶畑の広がる中国南東部の小さな都市で生まれている。電気自動車(EV)向け電池を生産するこのほぼ無名の企業は、13億ドル(約1400億円)を投じて工場を新設する計画だ。完成すれば米テスラを上回る生産能力を持つことになる。

  • CATLの電池製造工場はテスラに次いで世界で2番目の規模。中国が猛スピードで狙うEV覇権を陰で支えている(ブルームバーグ)(クリックで拡大)

  • CATLはIPOによる2000億円超の調達資金で新工場を建設、世界No.1の電池メーカーに躍り出る計画(ブルームバーグ)(クリックで拡大)

 福建省寧徳に本社を置く寧徳時代新能源科技(CATL)というこの企業は、世界最大のEV市場である中国で既に大手EVメーカーに最も多くの電池を供給している。ゴールドマン・サックス・グループなどが引き受け業務を担当する新規株式公開(IPO)で調達する資金は、欧米での事業拡大に充てる考えだ。

 CATLは年内にも株式10%を対象に、企業価値を約200億ドルと評価するIPOを実施して131億元(約2240億円)を調達する計画。この資金を基に建設する予定の電池工場はテスラが米ネバダ州に持つギガファクトリーに次ぐ世界2番目の規模で、EV大国としての中国の地位を固めるのに十分な供給量となる。

 ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)によれば、CATLはこの新たな組立ラインにより生産規模を5倍に拡大し、EV向け電池メーカーとしてテスラや中国の比亜迪(BYD)、韓国のLG化学を上回って世界最大手になる。

  • 中国南東部の小さな街にCATLの巨大電池工場がある(写真奥、中国・寧徳市、ブルームバーグ)(クリックで拡大)

 中国は2025年までに新エネルギー車の販売を7倍に増やし、化石燃料を動力源とする車を段階的に廃止することを検討している。

 スイスのツークに本拠を置き、EV供給網に投資するファンド、パラ・インベストメンツのマネジングディレクター、アンソニー・ミレフスキー氏は「中国は大胆にも電気自動車のデトロイトになりたがっている」と指摘。「中国が生産能力で、またゆくゆくは技術で世界をリードしようとしているのは疑いない」と述べた。(ブルームバーグ)

(2018/2/13 19:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集
<解答と解説>

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集 <解答と解説>

エンジニアリング・ブランドのすすめ
企業力、商品力を高める技術経営戦略

エンジニアリング・ブランドのすすめ 企業力、商品力を高める技術経営戦略

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

わかる!使える!5S入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!5S入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

変わる!農業金融
―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

変わる!農業金融 ―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン