[ 金融・商況 ]

【電子版】コインチェック、再開初日で401億円出金も「事業継続の意思ある」

(2018/2/13 23:30)

  • 東京・渋谷区の本社前で記者団の取材に応じるコインチェックの大塚雄介取締役COO(13日夜)

コインチェック(東京都渋谷区、和田晃一良社長、03・6416・5370)は13日、仮想通貨「NEM(ネム)」の流出問題を受け、再発防止策などを盛り込んだ業務改善報告書を金融庁に提出した。

同日夜、コインチェックの大塚雄介取締役最高執行責任者(COO)は本社前で記者団の取材に応じ、「報告書の内容や金融庁とのやりとりについては答えられない」とした上で「事業継続の意思はある。金融庁への登録(に向けた取り組み)は今後もしていく」と述べた。

さらに13日に再開した日本円の出金処理について大塚取締役は、「本日付で(出金申請のあった)合計401億円の出金を終了し、顧客の手元に送金した。14日以降に出金指示されたものも、順次出金する」と説明した。

コインチェックは1月26日、580億円相当のNEMが流出したことを報告。金融庁は、同29日に資金決済法に基づき業務改善命令を出していた。

これに先立ち、金融庁は2017年4月に仮想通貨取引所に対し登録制を導入。コインチェックは導入前から仮想通貨の交換業を手がけていたため、「みなし仮想通貨交換業者」として営業している。

(2018/2/13 23:30)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン