[ エレクトロニクス ]

【電子版】東芝、車谷氏が会長兼CEOに 綱川氏はCOOで続投

(2018/2/14 14:00)

 東芝は14日の取締役会で、元三井住友銀行副頭取で、英投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズの日本法人会長を務める車谷暢昭氏(60)が会長兼最高経営責任者(CEO)に就く人事を決めた。4月1日に就任する。綱川智社長は最高執行責任者(COO)として続投する。

 また東芝は14日、2018年3月期の連結業績予想を修正。第三者割当増資や米原子力関連の税負担の軽減で3月末の株主資本が4600億円に回復し、債務超過を解消できるとの見通しも発表した。

 三井住友銀出身の車谷氏は、CEOとして中長期的な事業戦略の策定や対外活動を担う。東芝は、車谷氏の起用について「収益基盤強化や成長事業の育成には外部の知見を積極的に取り入れる必要がある」と説明した。車谷氏は三井住友銀時代に東京電力(現東京電力ホールディングス)など融資先の経営再建に携わった。

 東芝は6月に開催予定の株主総会で車谷氏の取締役就任と綱川氏の再任を諮ることも決めた。(時事)

 【略歴】車谷 暢昭氏(くるまたに・のぶあき)東大経卒。80年三井銀行(現三井住友銀行)入行、10年三井住友銀行常務執行役員、13年専務、15年副頭取、17年5月からCVCキャピタル・パートナーズ日本法人会長。60歳。愛媛県出身。

(2018/2/14 14:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

“数”の管理から“利益”の管理へ 
S&OPで儲かるSCMを創る!
第2版

“数”の管理から“利益”の管理へ S&OPで儲かるSCMを創る! 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい道路の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい道路の本

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ 
稼働率神話が工場をダメにする

トヨタに学びたければトヨタを忘れろ 稼働率神話が工場をダメにする

会社は生き返る
カリスマドクターによる中小企業再生の記録

会社は生き返る カリスマドクターによる中小企業再生の記録

わかる!使える!NC旋盤入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!NC旋盤入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ムダをなくして利益を生み出す 
食品工場の生産管理
第2版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン