[ 科学技術・大学 ]

オーロラの明滅解明 東大など、従来予想を裏付け

(2018/2/15 05:00)

  • 明滅するオーロラの起源を「あらせ」によるプラズマ観測で解明(エルグサイエンスセンター提供)

東京大学大学院理学系研究科の笠原慧(さとし)准教授らは、明るくなったり暗くなったりする斑点状のオーロラが発生する仕組みを解明した。地球磁気圏内を往復運動する電子がプラズマ特有の電磁波で揺さぶられ、地球の大気に向け降り注ぐことでオーロラが発生するという予想を、直接的な観測で裏付けた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学衛星「あらせ」の観測データを解析した。

地球周辺だけでなく、木星や土星などの他の惑星の磁気圏で起きるプラズマ現象を解明できれば、今後の宇宙探査のための知見として役立つ。名古屋大学やJAXAなどとの共同研究。成果は15日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。 

オーロラ嵐は、プラズマの風「太陽風」のエネルギーが地球磁気圏に蓄えられ急激に解放されて起きる現象。カーテン状の明るいオーロラに加え、淡く明滅する斑点状のオーロラが現れる。明滅するオーロラは磁気圏にある高エネルギー電子が高度100キロメートル程度の上層大気に向けて降ったりやんだりすることで起きるが、その物理過程を観測的に捉えることは難しかった。

(2018/2/15 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン