[ 科学技術・大学 ]

ひずみ方向検出センサー、東大と村田製作所が素子で開発

(2018/2/19 05:00)

東京大学大学院の千葉大地准教授と太田進也大学院生らは、村田製作所と共同で、ひずみの向きを検出するセンサーを開発した。磁化方向によって電気抵抗が変わる「スピンバルブ」という素子を活用した。柔らかなフィルムにセンサーを配置して、局所的なひずみ分布を測る用途などに提案していく。

上下に異なる磁化方向を持つ、磁性材料を重ねたスピンバルブ素子をセンサーに利用した。スピンバルブ素子は上下の磁化方向が反対になると、電気抵抗が最大になる。

この素子を軟らかいフィルム上に並べて、素子のフィルムに接する磁性材料にコバルトを採用した。コバルトは引っ張られた方に磁化方向が向きやすいため、上下の磁化方向がズレる。電気抵抗から引っ張り方向を推定できる。

(2018/2/19 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる