[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】JR常磐線、不通区間の復旧工事進む 20年3月運転再開へ

(2018/2/18 13:00)

JR大野駅付近で常磐線の復旧工事に当たる作業員(16日、福島県大熊町=時事)JR大野駅付近で常磐線の復旧工事に当たる作業員(16日、福島県大熊町=時事)

 JR東日本は16日、常磐線のうち東日本大震災で被災し現在も不通となっている福島県内の区間で、復旧工事を公開した。常磐線は順次再開しているが、浪江―富岡間の20.8キロメートルはなお不通で、2020年3月までの運転再開を目指す。その大半は東京電力福島第1原発事故に伴い原則立ち入り禁止となった帰還困難区域で、除染と並行して復旧を進めている。

JR常磐線の不通区間(時事)

 同社によると、除染は不通区間の7割で完了。第1原発からの距離が約3キロメートルと最も近い大熊町の区間では、事故後の空間放射線量が毎時20マイクロシーベルトに達したが、生い茂る草や表面土壌を除去することで同2.8マイクロシーベルトまで低下した。線量を低減し、土砂崩れを防ぐため線路脇の斜面をモルタルで固めた場所もある。

 地震の揺れで落下した第1前田川橋りょう(双葉町)は再建がほぼ完了し、線路敷設の準備が進む。コンクリート製の橋桁は比較的軽い鋼鉄製に改められ、耐震強度が向上した。

 JR東日本水戸支社の堀込順一設備部長は「工事はおおむね予定通りに進んでおり、目標期限内に運転を再開できる」と語った。(時事)

(2018/2/18 13:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる