[ 環境・エネルギー ]

パナソニック、CO2冷媒技術を開放 普及優先で有料提供

(2018/2/21 05:00)

パナソニックは2018年度中に、扱いが難しい二酸化炭素(CO2)冷媒を制御できるコントローラーと関連技術を他社に開放する。他社に有料で提供し、CO2冷媒を採用した店舗用の冷凍機や冷蔵・冷凍庫の製品化を後押しする。オゾン層破壊防止の国際ルール「モントリオール議定書」が16年に改正され、代替フロンにも規制が広がった。将来の規制にも対応できるCO2冷媒の普及に向け、技術開放を決めた。

コントローラーは電子弁を操作して冷媒を制御し、屋外の冷凍機で作った冷気を店内の冷蔵・冷凍庫へ運ぶ。外気温の影響や循環の変動があっても冷媒の搬送圧力などを最適に保つ。

CO2はもっとも温暖化への影響が少ない冷媒だが、高圧運転が必要なほか、冷気製造に独自の技術を用いるなど代替フロンとは違う技術が求められる。パナソニックからコントローラーの提供を受けたメーカーは、製品の開発期間を短縮できる。

パナソニックは旧三洋電...

(残り:363文字/本文:763文字)

(2018/2/21 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる