[ オピニオン ]

産業春秋/海外経験で培う“人間力”

(2018/2/21 05:00)

オリンピックやワールドカップといったスポーツの国際大会で、日本人選手の活躍を見るのは心地よい。ただ世界で勝つためには、海外遠征や留学を積み、外国人コーチの元で学ぶ経験が重要になっているという。

フィギュアスケート男子で五輪連覇を果たした羽生結弦選手が最たる例だろう。17歳の時に自ら望み、練習拠点をカナダに移した。最初はコーチとの会話もままならなかった。しかし今では海外メディアの取材に難なく対応し、英語でメッセージを発信する。

ビジネスの世界でも海外経験を持つ人を経営トップに据える事例が増えている。海外企業との提携やM&A(合併・買収)が活発化する中、トップ同士が直接対話し、理解し合うことが不可欠だからだ。

日本電産会長兼社長の永守重信さんが指名した後継社長は、商社出身で自動車会社の海外法人社長を務めるなど海外経験が豊富だ。もちろん、それだけが要因ではないだろうが、必要条件ではあるのかもしれない。

海外経験が条件に挙がるのは、語学が堪能というより、異文化の中で不自由や苦労を味わいながら“人間力”が磨かれる点が大きいと思われる。国際舞台で活躍するタフな経営者が次々と出ることを期待したい。

(2018/2/21 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる