[ 科学技術・大学 ]

脳の深部を発光・生体外から観察 理研がマウスで成功(動画あり)

(2018/2/23 05:00)

(マウス・マーモセットを観察 理化学研究所提供)

理化学研究所脳科学総合研究センターの宮脇敦史チームリーダーらは、脳の深部を発光させ、生体外から信号をリアルタイムで観察する非侵襲的な手法を開発した。マウスや小型霊長類のマーモセットの脳細胞で化学反応を起こし、発光させた。がん細胞の動きや脳機能の研究などに応用が期待される。成果は23日、米科学誌サイエンスに掲載される。

発光とは、分子が酸化反応を行い、蓄えたエネルギーをある波長の光として放出することを指す。自然界ではホタルやオワンクラゲなどが、生体内で基質と酵素を反応させ発光している。これまでに人工の基質「AkaLumine」が開発されている。

研究チームは、AkaLumineに対応する酵素「Akaluc」を作成し、新しい人工生物発光システム「AkaBLI」を開発した。

マウスやマーモセットの脳の「線条体」と呼ばれる部分に、アデノウイルスを使ってAkaluc遺伝子を導入。基質であるAk...

(残り:250文字/本文:650文字)

(2018/2/23 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン