[ ロボット ]

東京ロボティクス、ロボ移動用の無人搬送車 秒速1.5mで全方位移動

(2018/2/23 05:00)

東京ロボティクス(東京都新宿区、坂本義弘社長、03・6265・9761)は、ロボットの移動機能として利用するAGV(無人搬送車)を開発した。ユーザーの利用環境に応じてセンサーの数など仕様を変更できる。まずは東京ロボティクスのロボットと組み合わせて食品、化粧品の工場や部品組み付けなど多様な分野に提案していく。価格は200万円から。

名称は「トロボモバイル」。全方向移動車輪(オムニホイール)を備えて多彩な動きの移動を可能にした。大きさは幅550ミリメートル、高さ250ミリメートル。最大で秒速1・5メートルで動く。本体重量は20キログラム、搬送可能な重量は60キログラム。電池は鉛バッテリー。これらの性能は基本的なもので、大きさを含めて変更できる。

東京ロボティクスのアーム型多軸ロボット「トロボアーム」や人型双腕ロボット「トロボ」を上に乗せて移動手段として使う。両ロボットは1台当たり20キログ...

(残り:222文字/本文:622文字)

(2018/2/23 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる