[ 新製品 ]

光岡自、オープンカー「ヒミコ」刷新

(2018/2/23 05:00)

  • 「よりスポーティーにした」と語る光岡社長

光岡自動車(富山市、光岡章夫社長、076・494・1500)は22日、2人乗りオープンカーの新型「ヒミコ」を23日に発売すると発表した。2008年12月の発売以来、初の全面改良となる。立体的で彫りの深い外装に仕上げたほか、サイズも調整するなどして「よりスポーティーな味を出した」(光岡社長)。消費税込みの価格は497万8800円から。

車両サイズは全長4580ミリ×全幅1740ミリ×全高1235ミリメートルで、車色は全7色をそろえた。前輪軸と後輪軸との距離を短くし、フロントオーバーハングを延伸。高さを低める一方で横幅を伸ばした。またフロントアンダーカバーとフェンダーサイドパネル内部を翼断面形状に仕上げることで、操縦安定性も高めた。

ヒミコはマツダのスポーツ車「ロードスター」がベースの改良車。初代モデルは17年末までの累計受注台数が271台で、そのうち海外が113台と高い比率を占める。

現在はマレーシアや英国など5カ国・6拠点の販売網で展開しており、18年中にはシンガポールと香港にも代理店を設ける予定。渡部稔執行役員は「新型ヒミコをフラッグシップカー(旗艦車種)とし、海外市場をさらに開拓したい」と抱負を述べた。

(2018/2/23 05:00)

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる