[ 自動車・輸送機 ]

ベンツ日本、発電機を搭載した「S450」 電動化で燃費向上

(2018/3/2 05:00)

メルセデス・ベンツ日本(東京都品川区、上野金太郎社長、03・6369・7200)は1日、新開発のモーター機能付き発電機「ISG」を搭載した最高級セダン「S450=写真」を発売したと発表した。電気システムの導入を前提に設計した新型直列6気筒ガソリンエンジンなども採用。電動化技術を活用することで、高い走行性能と快適性、燃費を実現した。消費税込みの価格は1147万円から。

ISGや容量約1キロワット時の電池で構成する電圧48ボルトの電気システムにより、回生ブレーキで発電、充電を行う。エンジンの低回転時にその電力を使って動力を補うことで、高い効率性と力強い加速を実現。高出力モーターをスターターとして使うため、エンジン始動時の振動も抑えられる。

新型エンジン「M256」は排気量3000ccで、最高出力367馬力、最大トルク500ニュートンメートル。補機類を電動化したことでベルト駆動装置が不要となり、小型化を実現したほか、燃焼プロセスも最適化した。

また低回転域で過給を行う電動スーパーチャージャーを搭載し、加速性能を高めた。

独ダイムラーのV型ガソリンエンジン統括シニアマネージャーのラルフ・ヴェッラー氏は、同日開いた発表会で、「内燃機関のエンジンでありながら、電動化の組み合わせによって最高の快適性、燃費、パフォーマンスを実現した」と強調した。

(2018/3/2 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン