[ 金融・商況 ]

【電子版】仮想通貨取引所バイナンスでパニック騒動 「資金は安全」とCEO

(2018/3/8 13:00)

  • バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(ブルームバーグ)

 取扱高で最大級の仮想通貨取引業者の一つ、中国のバイナンスで顧客の仮想通貨が許可なく売却されたとして利用者の間に怒りが広がる騒動があり、バイナンスは対応に追われている。

 趙長鵬最高経営責任者(CEO)は7日、「全ての資金は安全だ」とツイート。「取引活動に不正があったため、自動警報が作動した。一部の口座は以前から、フィッシングで操作されていた可能性がある。当社は引き続き調査中だ」と説明した。

 その次のツイートでは「この不正取引は特定しており、元の状態に戻す。素早い警報のおかげで、全ての資産は安全だ」と強調した。さらにその後、2分間にわたって「大規模なフィッシングと窃盗の試み」があり、これに関係する一部取引は元に戻すことができないとした。詳細は明かしていない。

 だが、仮想通貨のトレーダーはパニックに陥っていたようで、レディットやツイッターなどには助けを求める声が寄せられた。チャットアプリ、テレグラムで6万5000人近くが参加する「バイナンス・イングリッシュ」グループでは、何千ドルも失ったとのコメントもあり、バイナンスが調査のため資金引き出しを停止したことに不満の声も上がった。

 ジョイ・レイという名の利用者は「全て失った。バイナンスが払い戻してくれなければ、破産だ」とつぶやいたほか、別の人物によれば、誰かがバイナンスの口座にアクセスして9万2000ドル相当の仮想通貨を売ってビットコインを購入、そのビットコインで別の仮想通貨「ビアコイン(Viacoin)」を買って、それを引き出した。バイナンスに口座を持つ3人はブルームバーグに対し、自分たちの口座が許可なくビアコイン購入に使われたと話した。

 バイナンスは2月、システム更新後の取引再開期限を数回破り、35時間余りにわたって取引や資金引き出しができなくなった利用者から反発を買っていた。この当時、ハッキングされたとの臆測が浮上したが、趙CEOは否定していた。(ブルームバーグ)

(2018/3/8 13:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる