[ 新製品 ]

ヤマハ発、電動アシスト自転車にロードバイクなど4種を追加

(2018/3/9 05:00)

  • ヤマハ発の電動マウンテンバイク「YPJ−XC」

ヤマハ発動機は電動アシストスポーツ自転車「YPJ」シリーズに舗装路用ロードバイクなど4モデルを追加し、6月11日から順次発売する。発進、加速、巡航、登坂全てのシーンでライダーの動きを助けるドライブユニットや容量500ワット時クラスの電池を搭載。力強く快適に走れる。年間3000台の販売を目指す。

「YPJ―ER」(税込み価格34万5600円)と「同―EC」(同28万800円)は通勤から余暇まで幅広く使えるロードバイク。「同―TC」(同32万4000円)は「同―EC」に前輪サスペンションや、荷物を入れる袋をセットできるリアキャリアなどトレッキングバイクの装備を充実。より長距離を走る人に適した設計とした。3モデルともドライブユニット「PWシリーズ SE」を採用。五つの走行モードを選べる。これらは6月11日に発売する。

マウンテンバイク「同―XC」(同37万8000円)は7月18日に発売。ドライブユニット「PW―X」のエクストラパワーモードは、ペダリングに素早く反応して動きを補助。オフロードの坂道から都市部の舗装路まで1台で対応する。

同社の調べによると、電動アシスト自転車の2017年の総需要は約62万台。利用者は子どもを連れた主婦や学生が多く、自転車を趣味として楽しむ層の開拓が課題という。砂川光義SPV事業部事業部長は「計6モデルのYPJシリーズで新たな遊びと生活様式を提供し、新しい顧客を開拓していきたい」と話した。

(2018/3/9 05:00)

新製品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン