[ 金融・商況 ]

【電子版】ドイツ生まれの仮想通貨「IOTA」、世界へ進出 東京にも拠点

(2018/3/9 15:00)

ボッシュ・グループのベンチャーキャピタル「RBVC」もIOTAに出資している(ブルームバーグ)ボッシュ・グループのベンチャーキャピタル「RBVC」もIOTAに出資している(ブルームバーグ)

 ドミニク・シーナー氏は17歳の時にスイスで仮想通貨取引プラットフォーム会社を設立したが失敗。2013年から14年にかけて50万ユーロ(約6570万円)を失った。しかしこれに懲りず、15年にはドイツで仮想通貨「IOTA(アイオータ)」を生み出すのに携わった。IOTAは現在、世界で11番目の規模の仮想通貨で、時価総額は50億ドル(約5300億円)前後。

ドミニク・シーナー氏(出典:Dominik Schiener)ドミニク・シーナー氏(出典:Dominik Schiener)

 フォルクスワーゲン(VW)の幹部を監査役会メンバーに迎えるなど、ドイツの大企業とのつながりもできた。今は次の成長段階に入るところだと、シーナー氏(22)はブルームバーグとのインタビューで語った。

 ベルリンの本拠に加え、トロントと東京、オスロ、台湾にも拠点を置くという。「多くの人はまだIOTAをドイツ国内の仮想通貨だと考えている。これを変えたい」と同氏は述べた。

 シーナー氏はこの仮想通貨の運営管理や技術開発を行うIOTA財団のトップを務める。財団にはIOTAの形で3億ユーロ余りの資金がある。ベルリンで働く50人ほどの従業員は全員、報酬をIOTAで受け取るという。

 ボッシュ・グループのベンチャーキャピタルであるRBVCも、IOTAに出資している。RBVCのパートナーによれば、IOTAはあらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」分野で有望性がある。VWとボッシュは、IOTAとの具体的なプロジェクトについて発言することは控えた。(ブルームバーグ)

(2018/3/9 15:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン