[ オピニオン ]

産業春秋/3月の節目

(2018/3/12 05:00)

「3月だけ取材に来るな」―。福島県飯舘村の農家、菅野宗夫さんの一言に圧倒された。東日本大震災前までは牛舎だった建物を「我が家」と言って招き入れ、にこやかに応対してくれたが、そこだけ急に強い口調になった。

この1年間、何度か青森や宮城の被災地を取材した―と言い訳する気にはなれなかった。原子力発電所事故による避難指示解除は2017年3月末。間もなく1年になるが住民は戻らず、集落は静寂に包まれている。実際に暮らす人の訴えに重みがあった。

明治初期の東北地方を旅した英国人女性を描いた小説『ジャーニー・ボーイ』(高橋克彦著、朝日文庫)に、裸同然の粗末な身なりの人が暮らす村が登場する。同行する日本人通訳や警護役は案内するかどうか迷う。

通訳らは「政府がこうした地域を見捨てている」「それが日本の真実というやつだ」と語り合う。英国人女性は急速に近代化する横浜や東京を「見せ掛け」と切り捨て、「本当の心や暮らしが知りたい」と貧しい村を見たがる。

関東地方の高校生が飯舘を訪ねようとすると、放射能を心配した親が制止したという。「何度も来ないと風評も分からない」と菅野さん。3月の節目を越えても復興の努力は続く。

(2018/3/12 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる