[ その他 ]

発明大賞、大成技研など24件表彰

(2018/3/13 05:00)

  • 発明大賞本賞を受賞する斉藤大成技研代表取締役(左)

日本発明振興協会(東京都渋谷区、原昭邦会長、03・3464・6991)は12日、日刊工業新聞社と共催で「第43回(2017年度)発明大賞」の表彰式を、東京都港区の明治記念館で行った。発明大賞本賞を受賞した大成技研(東京都足立区、斉藤義貴代表取締役、03・3858・8701)をはじめ計24件を表彰した。

大成技研は、うず溝構造を利用した排ガス用の微粒子捕集フィルターを開発した。装置内部にうず溝構造を設け、排ガス中に含まれる微粒子を遠心力で分離する。斉藤代表取締役は「皆さまへの感謝を忘れず精進していく。発明技術が広く役に立ち、日本経済をけん引するものとなってほしい」と喜びを語った。

日本発明振興協会の原会長は「受賞者は不透明な経営環境の中でも高い目標を掲げ、不屈の精神で継続的努力をしていた」とたたえた。同賞は発明により産業の発展や国民生活の向上に寄与した中堅・中小企業、個人などに贈られる。

(2018/3/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる