[ その他 ]

発明大賞、大成技研など24件表彰

(2018/3/13 05:00)

  • 発明大賞本賞を受賞する斉藤大成技研代表取締役(左)

日本発明振興協会(東京都渋谷区、原昭邦会長、03・3464・6991)は12日、日刊工業新聞社と共催で「第43回(2017年度)発明大賞」の表彰式を、東京都港区の明治記念館で行った。発明大賞本賞を受賞した大成技研(東京都足立区、斉藤義貴代表取締役、03・3858・8701)をはじめ計24件を表彰した。

大成技研は、うず溝構造を利用した排ガス用の微粒子捕集フィルターを開発した。装置内部にうず溝構造を設け、排ガス中に含まれる微粒子を遠心力で分離する。斉藤代表取締役は「皆さまへの感謝を忘れず精進していく。発明技術が広く役に立ち、日本経済をけん引するものとなってほしい」と喜びを語った。

日本発明振興協会の原会長は「受賞者は不透明な経営環境の中でも高い目標を掲げ、不屈の精神で継続的努力をしていた」とたたえた。同賞は発明により産業の発展や国民生活の向上に寄与した中堅・中小企業、個人などに贈られる。

(2018/3/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン