[ 人物 ]

【電子版】新生ダウCEOにフィッタリング氏、リベリス会長退任

(2018/3/13 07:00)

  • 米ダウ・デュポンの次期CEOのジム・フィッタリング氏(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)米ダウ・デュポンは、アンドルー・リベリス会長が退任すると発表した。これにより、来年の会社分割でダウ部門が独立企業になる時点で、ジム・フィッタリング氏がダウの最高経営責任者(CEO)に就任する道が開かれた。

ダウ・デュポンの12日の発表によると、化学業界で40年余りのキャリアを持つリベリス氏(63)は4月1日付で会長職を退き、これまでの計画通り7月1日付で取締役会も去る。会長の後任には独立社外取締役のジェフ・フェティグ氏が就く。

ダウ・デュポンは3社に分割され、社名にダウの名称が戻る素材化学事業会社のCEOにフィッタリング氏が就任する。

フィッタリング氏(56)は1984年にダウに入社。2015年からダウ部門の最高執行責任者(COO)を務め、昨年9月に閉鎖したデュポンとの合併を主導した。同性愛者であることを公表している幹部が化学品大手のCEOに指名されるのはフィッタリング氏が初めて。

原題: DowDuPont’s Liveris Makes Way for Fitterling as New Dow CEO (1)(抜粋)

(2018/3/13 07:00)

人物のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン