[ 科学技術・大学 ]

夏の北極海、波の高さや風速上昇 東大・極地研が調査

(2018/3/15 05:00)

東京大学と国立極地研究所の研究グループは、夏季の北極海で海氷の減少に伴って、波の高さや風速が長期的に上昇しているとする調査結果をまとめた。北極海で波浪観測を実施し、波高の長期変化を分析した。今回の知見は、北極航路での船舶の安全航行に向けた波浪推定などに役立てられる。

夏季の北極海は、この数十年で海氷が急減し、海氷のない「開放水面」が拡大。これにより北極航路の利用が進む。一方で、航行の支障となる波浪の増大が指摘されていた。

研究グループは2016年9―11月に、漂流型波浪観測ブイ2基で、日本初の北極海での波浪観測を実施。この観測データと、ヨーロッパ中期予報センターが持つ過去38年間の波浪再解析データを比較し、精度を確認。その上で、この波浪再解析データを使い、北極航路で使われる海域における8―10月の波高の最大値を解析した。

その結果、38年間で波高は上昇傾向にあり、10月の波高最大値の...

(残り:240文字/本文:640文字)

(2018/3/15 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン