[ 科学技術・大学 ]

光・マイクロ波のハイブリッド時計、現行比1ケタ高精度に

(2018/3/19 05:00)

  • 時刻信号生成の構成図

情報通信研究機構は、光の振動周波数を基にする「光格子時計」と、水素の共鳴周波数を基準にする「水素メーザ原子時計」を組み合わせた「光・マイクロ波ハイブリッド方式」の時計を開発し、光格子時計に基づく高精度な時刻信号の発生を世界で初めて半年間継続させることに成功した。

世界最高精度の時刻とのズレは、半年で12億分の1秒と現行の日本標準時より1ケタ高い精度。今後、同方式の日本標準時への適用を目指す。

同方式では、水素メーザを無人運転した上で、1週間に1度、3時間、光格子時計を有人運転し、水素メーザが刻む1秒が現在どれだけズレているかを測定した。さらに、過去の複数の測定値も考慮して、今後、どの程度水素メーザがズレていくかを予測した。この光格子時計を利用して予測した調整値をあらかじめ設定しておくことで、光格子時計を基準とした極めて安定な時刻信号を生成できた。

将来、秒の定義がセシウムの共鳴周波数を利用する「セシウム時計」から光格子時計に変更されても、新しい光による定義に基づいて時刻を維持できることも示した。

成果は英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

(2018/3/19 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる