[ 環境・エネルギー ]

【電子版】函館地裁、大間原発差し止め認めず 建設中「具体的危険ない」

(2018/3/20 06:30)

  • 電源開発が建設中の大間原発(16年2月、青森県大間町、時事)

 電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発は安全性に問題があるとして、北海道函館市の住民ら1164人が国と同社に建設差し止めなどを求めた訴訟で、函館地裁は19日、住民側の請求を棄却する判決を言い渡した。浅岡千香子裁判長は「運転開始のめどが立っておらず、重大事故が発生する具体的危険性を認めるのは困難」と判断した。住民側は控訴する方針。

 東京電力福島第一原発事故後、建設中の原発に対する司法判断は初めて。

 大間原発は函館市から津軽海峡を挟み最短で約23キロメートルに位置する。2008年5月に着工し、原子力規制委員会で運転に必要な審査が行われている。函館市の市民団体が10年7月に提訴した。

 判決は、大間原発は建設中で、規制委の審査も見通しが立っていないと指摘。具体的な危険性を直ちに認めるのは困難な上、「裁判所が規制委の審査を待たず、安全性に関する審査を代わりに行うのは相当でない」とした。

 その上で、規制委が審査に使う新規制基準に不合理な点があれば差し止めが認められるが、「審査基準に不合理な点があるとは言えない」と結論付けた。

 大間原発は、使用済み核燃料を再処理したウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使う世界初の「フルMOX」を計画しており、住民側は危険性を訴えていた。(時事)

(2018/3/20 06:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる