[ 科学技術・大学 ]

森林伐採のCO2排出、気候変動で相殺 千葉大など解明

(2018/3/27 05:00)

  • 90年代はエルニーニョ現象による干ばつから大規模な森林火災が複数回発生(イメージ=インドネシア、ブルームバーグ)

千葉大学環境リモートセンシング研究センターの近藤雅征特任助教らは、森林伐採による二酸化炭素(CO2)排出が、自然の気候変動によって相殺されたことを世界で初めて示した。東南アジア陸域での過去30年間の炭素収支を解析し、CO2の吸収と排出の変動要因を明らかにした。地球温暖化現象を理解し、対策を考えるための重要な知見となる。海洋研究開発機構、国立環境研究所、気象庁気象研究所との共同研究となる。

東南アジアでは1980年代以降、大規模な森林伐採が続いた。研究グループは、こうした土地利用変化の影響について、生態系による炭素収支量を計算する数値モデルに組み込み、解析した。その結果、80―90年代に見られたCO2排出傾向が、2000年代に大幅に緩和されていた。

90年代は、エルニーニョ現象による干ばつから大規模な森林火災が複数回起こり、突発的にCO2排出が大幅に増加。高温、渇水により、光合成も阻害された。

一方、00年代は強いエルニーニョ現象が起こらなかった。こうした気候による効果が、人為的活動によるCO2排出を相殺し、吸収側に寄与したと考えられる。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次報告書では、土地利用変化の影響は考慮されていないため、東南アジア全域でCO2は吸収傾向にあるとされている。研究グループは、新しい数値モデルの解析により、東南アジアの広範囲で排出傾向にあることを指摘した。

(2018/3/27 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン