[ 科学技術・大学 ]

九大など、メタンガス発電システム 来月ベトナムで実証

(2018/3/29 05:00)

  • メコンデルタ(ベトナム・ベンチェ)のエビ養殖場内に構築したエネルギー循環システム実証プラント(九大提供)

【福岡】九州大学などの研究グループは、有機性廃棄物を資源に発生させたメタンガスを使う発電システムの実証研究を4月にベトナムで始める。固体酸化型燃料電池(SOFC)を使用し、地域に導入できるシステムの確立を目指す。2年間の計画。破砕機メーカーの中山鉄工所(佐賀県武雄市)などの企業も参加する。

実証はエビ養殖が盛んなベトナム南部のメコンデルタ地域で行う。現地で入手しやすいサトウキビの搾りかすやエビ養殖場の汚泥などを生かして発酵させ、発電に使うメタンガスを発生させる。発電した電力は養殖場で使う予定だ。メタンガスによる発電には既に成功しており、実証では気象条件により変動しやすいメタンガスの安定生産に取り組む。SOFCと電池を組み合わせ、運用機器の負荷に合わせた電力供給の仕組みづくりを図る。

九州大水素エネルギー国際研究センターの白鳥祐介准教授は、「自助努力で普及に持っていけるように現地の人材育成も行っている」と話している。

(2018/3/29 05:00)

大学・産学連携のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる