[ 医療・健康・食品 ]

アサヒ飲料、賞味期限の“年月表示”拡大 清涼飲料、来月から

(2018/3/30 05:00)

  • 賞味期限表示を年月に切り替える

アサヒ飲料は29日、清涼飲料の賞味期限の年月表示を、4月から拡大すると発表した。同月より「十六茶」「バヤリース」など茶・果汁飲料を中心とした賞味期限8カ月以上の缶と、ペットボトルなどの約80品目を“年月日”から“年月表示”に移行する。年月日表示は本来、長期保存がきく清涼飲料で、売れ残りや廃棄ロスを生じさせている。アサヒは今回の移行で12カ月以上の商品を含め、約170品目の移行を完了する。

サントリー食品インターナショナルやキリンビバレッジ、伊藤園なども年月表示への切り替えを推進。トラック配送費の高騰も背景に飲料大手の取り組みが加速している。

アサヒは2013年5月に「アサヒおいしい水 富士山」「同 六甲」の2リットルペットボトルを年月日から年月表示に切り替えてから、より少量の600ミリリットルボトルや賞味期限12カ月以上の缶やボトル缶商品で、年月表示へ切り替えを進めてきた。

スーパーやドラッグストアの店頭では賞味期限が早い商品を先に売るため、頻繁な陳列作業を強いられており、年月表示にすればこうした作業負担も軽減できる。

清涼飲料は店頭での価格競争が激しく、利幅が薄いことに加え、返品や物流費負担が収益を圧迫する要因になっている。味の素などの食品大手も年月表示への切り替えを進めている。

(2018/3/30 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる