[ オピニオン ]

社説/過熱する自動運転−技術を過信せず、安全最優先で

(2018/3/30 05:00)

自動運転技術の開発競争が世界的に過熱している。この新技術が交通安全や事故死ゼロを目指すものなのかどうか、あらためて点検したい。

米国で3月18日、自動運転中の死亡事故が起きた。配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズがアリゾナ州で実施していた公道実験中のことで、自動運転車が歩行者を死亡させたのは史上初だ。

原因は捜査中で、すべて明らかになったわけではないという。しかし地元警察が公開した車載カメラの映像から、事故発生時の様子をうかがい知ることができる。夜間で視界が悪く、暗闇から浮かび上がるように現れた被害者に、車は減速せずにぶつかった。本来、前方に注意を払っているべき運転手は手元に気を取られ、直前まで歩行者の存在に気がつかなかったように見える。

現地報道はウーバーが実験用車両を変更し、センサーの搭載数が減ったことを伝えている。自動運転車に乗車する運転手はどうあるべきかというルールも含めて、安全性を確立できていなかったことが不幸な形で証明されたといえよう。

この事故を受け、ウーバーと車載半導体を提供していた米エヌビディアの両社は公道実験を中断すると発表。トヨタ自動車も実験の中断を決めた。

一方、ウーバーの競争相手であり、技術的に最も先行しているとされる米グーグル系のウェイモは実験を続けている。部分的ながら完全無人運転の配車サービスをアリゾナ州で始めており、2020年の無人配車サービスの本格開始に向け2万台の車両を調達することで英ジャガーと合意した。

自動運転が技術的に可能かどうかと、それを社会が受け入れるかどうかは別の問題だ。日本ではまだ、身の回りの道路を無人車が走りまわったり、無人運転のタクシーに乗車したりする交通環境を受け入れる準備はできていない。実用化に向けた焦りや技術への過信があってはならない。どんな技術も、安全性が最優先されたものでなければならない。

(2018/3/30 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる