[ 政治・経済 ]

ドローン、高度150m未満であるべき 政府、監視機能も要求

(2018/3/30 05:00)

政府は飛行ロボット(ドローン)の目視外飛行に関する要件をまとめ、29日公表した。飛行高度は150メートル未満かつ航空法で定めた制限表面未満であるべきだとした。第三者の立入管理、自機の監視機能なども要求する。この要件を基に離島や山間部における荷物配送の年内実現を目指す。

全般要件では飛行高度のほか、山や海水域など第三者が立ち入りにくい場所で飛ばすことなどを求める。

また、個別要件として、第三者の立入、自機の状態、他機、気象状況をカメラなどで監視できるようにするべきだとした。

国土交通省と経済産業省が設けた検討会での議論を要件に反映させた。

2017年に策定した「空の産業革命に向けたロードマップ」に基づく実証や技術開発などで、この要件を適用する。

(2018/3/30 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる