[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラ、2車種の生産ライン一時停止 「モデル3」増員

(2018/3/31 08:30)

  • 米カリフォルニア州フリーモントのテスラファクトリー(ブルームバーグ)

 米テスラは「モデル3」セダンの生産目標達成に向け、他の車種の生産ラインから自発的に移るよう一部の労働者に求め、懐疑派の鼻をあかそうと従業員を鼓舞した。

 イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)率いるテスラは29、30両日にセダン「モデルS」とスポーツ型多目的車(SUV)「モデルX」の生産を一時停止すると、生産担当バイスプレジデントのピーター・ホーホルディンガー氏が従業員に宛てた3月21日の電子メールに記した。両車種の生産は今四半期、目標を上回っているためだという。ブルームバーグ・ニュースが同電子メールを入手した。

 両車種の生産に携わる「限られた人数の」従業員は29、30両日と31日にモデル3の生産ラインで働く選択肢を与えられると、同氏は説明。具体的な人数は明示していない。

 テスラの広報担当者は29日、計画されているモデルSとXの生産ライン閉鎖は29、30両日ではなく、30日だけに実施され、今回の生産一時停止はモデル3の生産目標とは無関係だと述べた。

 ホーホルディンガー氏の電子メールから2日後、別の幹部もモデル3の週当たり生産台数を第1四半期末までに2500台に引き上げるという目標の達成に向け、従業員を叱咤(しった)した。エンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのダグ・フィールド氏は、一部投資家が同社に疑念を抱き同社株を空売りしている局面で、モデル3の1日当たり生産が300台を上回るなら「驚くべき勝利」になると話していた。(ブルームバーグ)

(2018/3/31 08:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる