[ 科学技術・大学 ]

【電子版】制御不能な中国宇宙施設、きょうにも大気圏突入 地球に破片落下の可能性

(2018/3/31 08:30)

ESAが公開した中国の宇宙実験施設「天宮1号」のレーダー画像(2つの別々の画像を合成)。高度270キロ地点でドイツ・フラウンホーファー研究所の観測レーダーシステムが回転落下する機体を捉えた(Copyright Fraunhofer FHR.)ESAが公開した中国の宇宙実験施設「天宮1号」のレーダー画像(2つの別々の画像を合成)。高度270キロ地点でドイツ・フラウンホーファー研究所の観測レーダーシステムが回転落下する機体を捉えた(Copyright Fraunhofer FHR.)

燃え残り一部は地上に ドイツの観測レーダーが撮影成功

 【北京時事】欧州宇宙機関(ESA)の29日の発表によると、中国初の宇宙実験室「天宮1号」が、世界標準時で31日か4月1日に大気圏へ再突入する見通しだ。燃え尽きず一部の破片が地上に落下する恐れがあるが、人に当たる可能性は極めて低く、「1年間に雷に打たれる確率の1000万分の1」という。

 ESAが予想する落下地点は、北緯43度から南緯43度で、札幌市以南の日本全土やオーストラリアまでを含む広大な帯状のエリア。

 一方、中国の有人宇宙プロジェクト弁公室は29日時点で、31日~4月2日(北京時間)に落下すると予測している。

 2011年に打ち上げられた天宮1号は全長10.4メートル、重さ8.5トン(燃料含む)で、宇宙船とのドッキング実験などを繰り返し、寿命を迎えた。

 中国外務省の陸慷報道局長は30日の記者会見で、「国連宇宙部に関連状況を適宜通報している」と述べた。

観測データから作成されたアニメーション:Fraunhofer FHR.提供

(2018/3/31 08:30)

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる