[ オピニオン ]

産業春秋/桜の散る4月

(2018/4/2 05:00)

きょうは多くの企業で入社式。皆さんの地域で桜は舞っているだろうか。東京の桜は例年より早く3月の彼岸の入りに咲き始め、明けに満開になった。子どもの頃は小学校の入学式が満開だったように記憶するが、今は卒業式が桜の季節。

彼岸の中日は関東で降雪。その1週間後の28日には北関東などで夏日を記録したのだから、暑いのか寒いのか。気象庁によると日本の気温は100年当たり約1・19度Cの割合で上昇しており、特に1990年代以降、高温となる年が頻出しているそうだ。

日本に限らず、地球温暖化が進行しているのだろう。農作物にも影響が出ている。昔、北海道で食べたすしはネタに比べてシャリが今ひとつだった。ここ数年は北海道の2種類のコメが特Aにランクされている。

研究者や農家の努力が実を結んでいるのだろうが温暖化の影響もあるように思う。コメだけでなく果物も産地が移動しつつあるそうだ。温暖化がさらに進めば、そのうちパパイアやバナナを国内で生産し、リンゴやナシ、ブドウなど見慣れた果物を輸入することになるかもしれない。

古来の食文化を守るためにも、なんとしても気候変動を食い止めたい。桜の散る4月はじめの東京で、そう考えた。

(2018/4/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる