[ 化学・金属・繊維 ]

焼結部品の微小亀裂、AIで「見逃しゼロ」 住友電工が実用化

(2018/4/5 05:00)

住友電気工業は人工知能(AI)を活用して、焼結合金部品の微小な亀裂を高精度に検出する自動画像検査システムを開発した。AI技術の機械学習を活用。AIが自ら学習することで従来の検査では判別が難しい亀裂の特徴を抽出し、不良品を判別する。4月中に、自動車向け焼結部品を生産する子会社の住友電工焼結合金(岡山県高梁市)の量産ラインに本格導入する。AIにより目視検査が自動化され、品質保証レベルが向上する。

2017年8月から住友電工焼結合金にパイロットラインを導入し、エンジン関連部品を固定するノズルクランプなど8種類の部品を対象に検査精度を実証した。不良品を見落とさない「見逃しゼロ」の実績を確認済み。一方、良品を不良品と判定してしまう「過検知」の割合は、1・9%以下の低水準に抑えた。検査にかかる時間は、1個当たり6秒以下。

今回の検査は「磁粉探傷検査」と呼ばれ、蛍光磁性粉末を付着させた部品に紫外照明...

(残り:209文字/本文:609文字)

(2018/4/5 05:00)

PR

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン