[ ロボット ]

サイバーダイン、医療用ハルに2Sサイズ 子ども・低身長者向け

(2018/4/6 05:00)

  • サイバーダインのハル医療用下肢タイプ。難病患者の歩行改善に活用する

サイバーダインは最先端技術を駆使したロボットスーツ「HAL(ハル)医療用下肢タイプ」の2Sサイズの製品化に向けた準備を進めている。身長100センチメートルから150センチメートルの人に対応するもので、サイズ別ではS、M、L、Xに続く5タイプ目。これにより多くの身長や世代の人がハルを活用できるようになる。

2Sサイズは既存の医療用ハル同様、下肢に装着する医療機器として脊髄性筋萎縮症や筋ジストロフィーなど難病患者の歩行改善に活用する。まずは日本で提供を開始し、順次ドイツや米国で展開していく。米国では脊髄損傷の治療で活用する予定だ。

医療用ハルを使った医療が普及する中、小柄な人や子どもが装着できる大きさのハルを要望する声が多かった。サイズを増やすことで利用者の利便性を高める。

ハルは身体を動かそうとする時に発生する弱い生体電位信号を皮膚表面で検出し、装着者の動きを改善、補助、拡張、再生する。医療用としては、2013年に欧州で医療機器の認証を取得し、米国や日本でも医療機器の承認を受けている。

また、片側の脚に装着する単脚タイプも医療機器承認に向け、現在医師主導の治験を実施している。まず日本で脳卒中患者の治療で活用し、米国では脊髄損傷の治療などにも適用範囲を広げていく予定という。

(2018/4/6 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる