[ 機械 ]

工作機械、10年ぶり最高更新 昨年度受注、初の1.7兆円確実

(2018/4/10 05:00)

2017年度の工作機械の受注高が過去最高だった07年度実績を上回り、1兆7500億円規模に伸びそうだ。日本工作機械工業会(日工会)の調べでは、18年2月までで前年度の通期実績を3000億円超上回る。3月が期中平均にとどまっても1兆7427億円に達する。ただ売上高を示す販売額は受注高ほど伸びず、07年度並みになりそう。各社が人手や調達部品などの不足により、受注製品の供給に影響が出ている様子がうかがえる。

日工会が10日に3月実績(速報値)を公表し、17年度の受注高が判明する。2月までの受注高は1兆5974億円。仮に3月が期中平均の1452億円であれば、17年度は1兆7427億円になる。

年初から為替や株価が安定感を欠くものの、3月はDMG森精機が単月の過去最高を記録するなど好環境だったとみられる。期末効果も加わり、初の1兆7000億円台はほぼ確実。従来の年度最高は07年度の1兆5939億...

(残り:394文字/本文:794文字)

(2018/4/10 05:00)

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン