[ 金融・商況 ]

【電子版】LMEアルミ、11年以来の大幅高 米の対ロ制裁で-パラジウムも急伸

(2018/4/10 13:30)

  • アナリストらは米製缶メーカーや消費者コストは急上昇する公算が大きいとの見方を示した(ロンドン金属取引所、ブルームバーグ)

 9日のロンドン金属取引所(LME)のアルミニウム相場は6年強ぶりの大幅高となった。ニューヨーク市場のパラジウム相場も急伸した。米国がロシアの富豪オレグ・デリパスカ氏や同氏傘下のアルミニウム生産大手UCルサールなどを制裁対象に加えたことを受け、供給に支障が生じる恐れがあるとの懸念が台頭した。

 ルサールは中国以外では最大のアルミ生産メーカーで、同社はさらにノリリスク・ニッケル株約28%を保有。ノリリスクはパラジウムやプラチナ、ニッケルなど世界有数の鉱山を幾つか操業する。ロシアは自動車触媒に使われるパラジウムの世界最大級の生産国。

 ダニエル・ブリーゼマン氏らコメルツ銀行のアナリストは9日のリポートで、「金属市場の参加者が最も心配しているのは制裁によって供給に支障が生じることだ」と指摘。「米国の製缶メーカーといったアルミ加工業者や消費者のコストは急上昇する公算が大きい」との見方を示した。

 LMEのアルミ相場(3カ月物)は前週末比4.8%高の1トン=2139ドルで取引を終えた。2011年11月以来の大幅上昇となる。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門のパラジウム先物6月限は前週末比4.2%高の1オンス=932.50ドルと、中心限月としては7カ月ぶりの大幅高。

 TDセキュリティーズのグローバル商品戦略責任者、バート・メレク氏は電話インタビューで、ロシアのパラジウム供給が制限されるかもしれないとの懸念を背景に、トレーダーはリスクプレミアムを織り込んでいるのではないかと語った。

 ルサールから定期的にアルミを購入していた5社の幹部が匿名を条件に話したところでは、国際的な取引会社は制裁を理由に同社からのアルミの買い取りを ストップしているという。

 LMEではニッケルや銅、スズも上昇した一方、鉛と亜鉛は下落した。(ブルームバーグ)

(2018/4/10 13:30)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる