[ 自動車・輸送機 ]

プライムアース、HV用電池で新ライン トヨタへ供給

(2018/4/12 05:00)

【浜松】トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)用電池製造子会社、プライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市、鈴木茂樹社長、053・577・3111)は2019年後半をめどに、本社・大森工場内にHV用リチウムイオン電池の新ラインを稼働する。生産能力は年間10万台(車両換算)を計画。トヨタが電動化戦略を加速させているため、基幹部品である電池の供給体制の整備を急ぐ。

設備投資額は100億円程度とみられる。本社・大森工場では15年発売の現行「プリウス」向けのリチウムイオン電池を同20万台生産している。新ラインは既存のリチウムイオン電池工場内に設置。さらに電池の仕上げ工程として、充放電を行う「活性化棟」を電池工場隣に新設する。

PEVEはトヨタのHV用電池のほぼ全量を担っている。トヨタは30年に電動車両を年間550万台以上、うちHVとプラグインハイブリッド車(PHV)で450万台とする計画...

(残り:302文字/本文:702文字)

(2018/4/12 05:00)

PR

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン