[ 科学技術・大学 ]

【電子版】カナダ・デボン島 分厚い氷の下に二つの湖 アルバータ大など発見

(2018/4/12 15:00)

  • 北極圏のカナダ・デボン島。分厚い氷の下に湖が二つあることがレーダー探査で分かった(アルバータ大提供、時事)

 北極圏にあるカナダ・デボン島で、分厚い氷の下に湖が二つあるのをレーダー探査で発見したと、同国アルバータ大などの研究チームが11日付の米科学誌サイエンス・アドバンシーズに発表した。陸地を覆う氷床や氷河の下にある湖は、南極大陸やグリーンランドで多数見つかっているが、カナダでは初めてという。

 二つの湖は東西に細長い形をしており、面積は約5平方キロメートルと8.3平方キロメートル。上にある氷の厚さは平均でそれぞれ560メートル、740メートルもある。湖の水温は氷点下10度程度と推定され、塩分濃度が海水の4~5倍も高いため液体の状態にあると考えられる。

 近くのバサースト島では掘削調査で岩塩が見つかっており、湖の塩分は岩塩が原因の可能性が高い。デボン島は12万年以上前から氷に覆われているとみられるが、湖には微生物が生息している可能性があるという。

 南極大陸・テイラー氷河の下流では、鉄分を含んだ昔の海水が赤茶色の「血の滝」となって流れ出しており、鉄と硫黄を利用して生息する細菌が含まれていることが2009年に判明している。太陽光が届かない隔絶した環境に生息する微生物の研究は、木星の衛星エウロパの表面を覆う氷の下の海に生命が存在するかを将来探査する上で役立つという。(時事)

(2018/4/12 15:00)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる