[ 政治・経済 ]

【電子版】日本、米TPP復帰検討を歓迎 「部分交渉は困難」とけん制も

(2018/4/13 13:30)

  • 来週予定の日米首脳会談で意見交換が行われる可能性があるという(17年11月、ブルームバーグ)

 トランプ米大統領が環太平洋連携協定(TPP)への復帰検討を指示したことについて、13日の閣議後記者会見で閣僚から発言が相次いだ。菅義偉官房長官は「大統領としてTPPの意義や効果について認識を示すものであれば歓迎したい」と表明した。一方、TPPを担当する茂木敏充経済再生担当相は「一部のみを取り出して再交渉することは極めて困難だ」と、自国に有利な内容を復帰条件に挙げるトランプ政権をけん制した。

 河野太郎外相が「まず米国がどう考えているのか話を聞く」と述べたほか、世耕弘成経済産業相も「事実関係をよく確認していきたい」と慎重に対応していく考えを示した。

 安倍晋三首相とトランプ大統領による日米首脳会談が来週予定されており、TPPについて意見を交換する可能性がある。茂木氏は首脳会談に関し、「米国の通商政策の考え方を確認する」と指摘。麻生太郎副総理兼財務相も米国のTPP復帰検討を歓迎する意向を示した上で、「その時に(トランプ氏と)安倍首相との間で話ができるのではないか」と語った。(時事)

(2018/4/13 13:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる