[ 政治・経済 ]

【電子版】安倍首相、米英仏の決意「支持」 シリア攻撃、NSCで対応協議

(2018/4/14 20:00)

  • 国家安全保障会議終了後、米国などのシリア攻撃に関して報道陣の質問に答える安倍晋三首相(中央)(14日午後、首相官邸、時事)

 米英仏によるシリア攻撃を受け、日本政府は14日夕、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を首相官邸で開き、今後の対応を協議した。安倍晋三首相はこの後、記者団に「化学兵器の拡散と使用は決して、絶対に許さないとの米英仏の決意を日本政府として支持する」と表明した。

 首相は「化学兵器の使用は極めて非人道的であり、断じて許すことはできない。今回の3カ国の行動は、事態のこれ以上の悪化を防ぐための措置と理解している」と指摘。「東アジアでも核・生物・化学兵器といった大量破壊兵器の脅威が深刻さを増している。強固な日米同盟の下、日本が果たすべき役割を果たしていく」とも語った。

 「決意を支持する」との立場は米国による昨年4月のシリア空爆の際の談話を踏襲したものだ。日本政府はシリアのアサド政権による化学兵器使用を断定しておらず、攻撃自体への支持には踏み込まなかった。米英仏と激しく対立するロシアへの配慮もあるとみられる。

 首相は「(4大臣会合では)しっかり情報分析を進め、米英仏とよく連携していくように、と指示を出した」と説明。17~20日の訪米の際、トランプ大統領とシリア情勢を含めた中東問題を話し合う考えを示した。

 河野太郎外相は会合後、記者団に「化学兵器を使用した者は処罰されなければならない」と強調。22日からの先進7カ国(G7)外相会合で日本の立場を各国に伝えると説明した。

 米国によるシリア攻撃が発表されたのは14日午前10時ごろ。日本政府は、小野寺五典防衛相が防衛省幹部を招集して情報収集に当たるなど、対応に追われた。ある幹部は「米国は軍事行動をためらわない。北朝鮮への強いメッセージになる」との見方を示した。(時事)

(2018/4/14 20:00)

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる