[ オピニオン ]

産業春秋/自動運転で生まれる“ジョブ”

(2018/4/17 05:00)

ビジネス・イノベーションの新理論として注目される『ジョブ理論』。提唱者である米ハーバード大学のクリステンセン教授は、消費者は何らかの“ジョブ(用事)”を果たすために商品を“雇う”と説く。

朝のファストフード店でミルクシェークを買うのは、通勤運転中に目を覚まし、時間つぶしをするためだ。だから粘度が高くて飲み切るのに時間がかかる果物入りシェークを“雇う”。性別や年齢別の顧客分析では見えてこない購買行動の意味にハッとさせられる。

シェークの例がよく紹介されるのは、自動車の中という制約があると分析がしやすいからだろう。米国とは環境の違う日本でも似たような事例を見つけられる。

この数年、車内でスマートフォンを“雇う”機会が急増した。グズりだした幼児に動画共有サイトを見せて乗り切った人も多いのではないか。位置情報を使えば行き先案内という“ジョブ”も果たせる。海外でも、渋滞が激しい中国では耳だけで事足りる語学のネットラジオが人気とか。

いずれ自動運転が実用化され、腕と目を解放された時に、ドライバーには新たな“ジョブ”が生まれるはず。その大市場に備え、雇われる製品やサービスを今のうちに探っておきたい。

(2018/4/17 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン