[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】スペースXの火星行き大型ロケット「BFR」、ロサンゼルス港で建造

(2018/4/17 11:30)

火星探査ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)構想イメージ(提供:スペースX)火星探査ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)構想イメージ(提供:スペースX)

 イーロン・マスク氏率いる米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)は、火星探査を目指し開発を進める超大型ロケットをロサンゼルス港で建造する。

 ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は16日のツイートで、「ロサンゼルス港でスペースXが『ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)』の生産開発を開始すると正式発表する。かつてなく遠大な宇宙のかなたへと人間を連れて行くことが期待できる」と表明した。マスク氏は昨年9月にオーストラリアでのプレゼンテーションで、BFRのビジョンを披露していた。

  • 火星への移住計画に関する構想を発表するマスク氏(16年9月、AFP=時事)

 スペースXは現在、ロケット「ファルコン9」や「ファルコンヘビー」をカリフォルニア州ホーソーンの工場で製造。世界中を高速で移動し、最終的には人間を乗せて火星に行くよう設計されるBFRを建造するためには、追加の工場スペースが必要だった。

 BFRの大きさを考慮し、スペースXは水辺に近い場所で製造する必要があると説明してきた。ロサンゼルス港は、追加スペースのリースを巡り同社と協議していると先月明らかにしていた。

 スペースXのグウィン・ショットウェル社長は電子メールで配付した資料で、「当社は2012年以降、ロサンゼルス港を西海岸における回収作業の拠点と位置付けてきた。BFRの生産開発が始まるに当たり、複数の惑星に人間を送ることを後押しする当社のミッションにおいて、ロサンゼルス港はますます重要な役割を担うことになる」とコメントした。(ブルームバーグ)

On September 29th at the International Astronautical Congress (IAC) in Adelaide, Australia(提供:スペースX)

BFR Overview(提供:スペースX)

(2018/4/17 11:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン