[ エレクトロニクス ]

SDPの17年12月期、2期ぶり当期黒字 シャープ製テレビ好調

(2018/4/18 05:00)

堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市堺区、孫月衛社長、072・282・1321)は、2017年12月期の当期損益が43億円の黒字(前期は592億円の赤字)に転換した。当期損益の黒字化は2期ぶり。同社は台湾・鴻海精密工業と子会社のシャープが運営する大型液晶パネル生産会社。SDP製パネルを採用するシャープの液晶テレビが販売を伸ばし、SDPの業績も回復した。

売上高は前期比24・0%増の2002億円と、2期ぶりに2000億円台を回復した。当期損益のほか、営業と経常の各損益も黒字となった。

SDPは16年まで韓国サムスン電子などにもパネルを供給。16年8月にシャープを買収した鴻海の方針で、SDPは競合他社へのパネル供給を止めた。現在、ほぼ全量がシャープ向け。シャープは高精細の4Kテレビなどの販売を増やしている。SDPにとっては高品質な液晶パネルの販売が増え、採算性も改善したもよう。

鴻海による販売支援もあり、17年は中国でシャープのテレビが前年比約4倍の400万台強売れた。シャープは全社のテレビ販売も好調。18年3月期は前期比約2倍の1000万台前後に達したとみられる。

(2018/4/18 05:00)

電機・電子部品・情報・通信2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン