[ 中小・ベンチャー ]

戦う中小・災害対応の強靭化に向けて(上)BCP策定へ奨励制度

(2018/4/18 05:00)

  • 地震で被災した熊本南工業団地(熊本県嘉島町、2016年4月)

集中豪雨など自然災害が頻発する中、経済産業省・中小企業庁は災害に強い中小企業・小規模事業者を増やすため、事業継続計画(BCP)の策定や損害保険の加入を求めている。災害で工場や店舗が被災すると、資金繰りや取引継続などの点で問題が生じる。特に中小企業は経営の根幹を揺るがす事態につながりかねず、損害を最小限に抑える事前対策が求められる。企業庁はBCPや損害保険の重要性を啓発し、早期に復旧できる企業体質への転換を後押しする。(3回連載)

【「自助」が基本】

政府は大きな自然災害が起きると補助金などで支援するが、原則的に災害復旧は「自助」が基本だ。ただ自力での再建に時間がかかりすぎると、資金繰りの逼迫(ひっぱく)や顧客離れといった問題が生じる。企業庁も「再建はスピードが大事」(経営安定対策室)として、早期復旧に向け被害を抑えるB...

(残り:548文字/本文:948文字)

(2018/4/18 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる