[ 科学技術・大学 ]

「はやぶさ2」航行順調 小惑星「リュウグウ」まで2カ月

(2018/4/20 05:00)

  • 小惑星に向かうはやぶさ2(イメージ、池下章裕氏提供)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、有機物や水がある可能性がある小惑星「リュウグウ」に向かう探査機「はやぶさ2」の進捗(しんちょく)状況に関する会見を開き、はやぶさ2がリュウグウに向けて順調に航行していると発表した。リュウグウとはやぶさ2の距離は26万キロメートル。第3期イオンエンジンの総運用時間の7割を完了した。

はやぶさ2プロジェクトチームの津田雄一プロジェクトマネージャは「イオンエンジン運用は総時間の7割を完了し、小惑星到着への準備が整ってきた。動いている小惑星にタイミング良く到着するのは難しく、残り3割を慎重に運用する必要がある」と気を引き締めた。現在、小惑星到着時の運用に向け、チームでの運用訓練を行っている。はやぶさ2は6月5日までイオンエンジンを噴射し、6月21日―7月5日にリュウグウに到着する。その後小惑星表面の試料を採取し、2020年末ごろ地球に帰還する計画だ。

(2018/4/20 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる