[ 科学技術・大学 ]

前処理不要のがん検出法 慶大と富士フイルムが開発

(2018/4/20 05:00)

慶応義塾大学の末松誠客員教授(日本医療研究開発機構理事長)と富士フイルムの塩田芽実研究員らは、バイオマーカーを使い、細胞染色などの前処理が不要ながんを検出する技術を開発した。がんの自動病理診断に応用が期待される。マウスのがん細胞を使い、細胞の増殖や細胞死に関わる物質を検出。がんを判別できることを実証した。成果は19日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版で発表された。

がん細胞は、自分にとって有利になる代謝物を生成しており、がんではない細胞とは代謝の特性が異なる。また、がん細胞は正常な組織から必要な代謝物を奪って増殖することが知られている。

研究チームは、低分子化合物を捉えて解析する技術「表面増強ラマンイメージング」(SERSイメージング)に着目した。新しいSERSイメージングはナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)の金の微粒子を敷き詰めた基板と近赤外レーザー照射により原子...

(残り:206文字/本文:606文字)

(2018/4/20 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

デジタルファースト・ソサエティ
価値を共創するプラットフォーム・エコシステム

デジタルファースト・ソサエティ 価値を共創するプラットフォーム・エコシステム

わかる!使える!工程管理入門
<基礎知識><準備・段取り><実践活動>

わかる!使える!工程管理入門 <基礎知識><準備・段取り><実践活動>

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる