[ 機械 ]

IoT×AI 動きだすファナック(上)ユーザーのアプリ開発広がる

(2018/4/23 05:00)

ファナックはIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用した商品や機能の開発を加速する。工場用IoT基盤「フィールドシステム」では稼働データの分析結果を現場に戻し、各機器をより効率的に動かせる仕組みを整備。AIでは機器の調整を最適化して性能を引き出す機能などを開発する。先端技術を取り込み、工場の自動化をけん引してきた同社の取り組みを追った。(全3回)

「いよいよ機器を動かせるところまできた」。松原俊介専務執行役員は力を込める。フィールドシステムで動かすアプリケーション(応用ソフト)は、これまで機器の稼働監視や異常検知など、集めたデータを処理して分析する機能にとどまっていた。

これを分析結果に基づき、指令を出して機器を動かすアプリや、各機器のデータを同基盤に集めるソフトを開発できるようにした。

ユーザーのアプリ開発も広がる。ある工場ではフィールドシステムに加工システムと寸法計...

(残り:1,156文字/本文:1,556文字)

(2018/4/23 05:00)

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい紙と印刷の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい紙と印刷の本

シリーズ 環境ソリューション企業総覧 
企業の環境部門担当者のためのSDGsをめぐる潮流がサクッとわかる本

シリーズ 環境ソリューション企業総覧 企業の環境部門担当者のためのSDGsをめぐる潮流がサクッとわかる本

図解よくわかる 
屋内測位と位置情報

図解よくわかる 屋内測位と位置情報

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン