[ オピニオン ]

産業春秋/「京都賞」1億円の心意気

(2018/4/24 05:00)

いきなりお金の話で恐縮だが、「京都賞」の賞金が一気に2倍に増額され、1部門ごとに1億円となった。ノーベル賞(賞金900万スウェーデンクローネ=約1億円)やチューリング賞(100万ドル=約1億円)など世界的に著名な賞と同じレベルだ。

同賞は、京セラ創業者の稲盛和夫氏が創立した稲盛財団の国際賞。毎年、先端技術、基礎科学、思想・芸術の3部門でそれぞれ1人に贈賞する。2019年の創立35周年に先駆け、18年の受賞者から増額した。

稲盛理事長の人生哲学に人を思いやり社会を真に豊かにする「利他の心」がある。稲盛理事長は「京都賞は日本人の美徳である利他の心を顕彰事業に体現させた。大いなる貢献をしてきた受賞者が輝き続けることを願って増額した。人類に勇気や希望を与える役割を果たしたい」としている。

実際に賞金をもとに基金を設けている受賞者も数多く、社会還元の実践で輝き続けている。

同財団は若手研究者も助成し、毎年50人に100万円を贈る。今年の対象者に聞くと「研究費はありがたい。京都賞の賞金増額で同賞への意欲はさらに増す」と正直に語ってくれた。彼らが京都賞を受賞するころは利他の心の循環はさらに輝いていることだろう。

(2018/4/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる